かんぽう

高麗人参を効率よく飲むには

高麗人参を摂取する方法として、市販で売られているエキス剤やドリンク剤を飲む、高麗人参そのものを料理に取り入れる、高麗人参を煎じて飲むなどの方法があります。
中でも煎じて飲む方法は、薬効成分の吸収効率が最も高いと言われています。
また、もともと漢方は煎じて飲むことが基本だったように、生薬をそのまま煮詰めて有効成分を十分に引き出されるので、特に効果が高くあらわれる方法です。

高麗人参の煎じ方は、乾燥した高麗人参1個に対してなつめ3個、生姜少々を1リットルの水に入れ、弱火で水の量が半分になるまで煮詰めます。
長く煮詰め過ぎると有効成分が壊れてしまい、強火で煮てしまうと有効成分がしっかり溶け出ない場合があるので注意が必要です。
また、煎じたものは時間がたつにつれ有効成分が変質していく恐れがあるので、その日の分だけを煎じるようにして、作り置きは避けなくてはなりません。
このように煎じて飲む方法は手間と時間がかかりますが、より効果が高い摂取方法として昔から伝えられています。

一方でエキス剤は、手軽に購入できたり携帯することができるので、いつでもどこでも摂取することができる、まさに時間に追われて忙しい日々を送るような現代人の生活環境に向いている摂取方法です。
また煎じた時のように、水の量や煮詰める時間によって成分の濃度も変化してしまうようなこともなく、いつも一定の成分を摂取することができるので安心です。
しかしエキス剤は、生薬を煎じた液から成分を抽出して濃縮し乾燥させて作られているので、その加工する過程で有効な成分が失われている場合があり、煎じて飲む方法より効果が減る可能性があります。

そもそも漢方の効果には即効性はなく、継続して摂取し続けることで効果が少しずつあらわれるものです。
高麗人参を効率よく飲むために、手間と時間をかけて煎じることでより高い効果を得るか、効果が減っても手軽に一定の成分を摂取し続けるか、求めている効果の度合いや掛けられる時間の量などを考えて、自分の生活環境に見合った方法を選ぶといいでしょう。
こちらの正官庄の高品質高麗人参サプリもご覧ください。

Menu